研修医メッセージ

Trainee Message

2015/06/01

Dr.Matusi Shinichiro

《松井愼一郎先生》


池田先生

千葉大病院研修医2年目の松井です。
学会や大津でのセミナー等もあり、返信遅くなってしまい申し訳ございません。
現在循環器内科でチャンスあらば心エコーを当てて先生方に鍛えていただいているほか超重症患者管理に関しても勉強させていただいています。。

学会発表無事終了しました。施設内での治療成績など自分で答えるには難しすぎる質問も出ましたが、その他はなんとか対応できたと思っています。

診療所では大学病院や市中病院と違い提出できる検査類がかなり限られるため、身体所見と病歴から鑑別していくことの重要性を見直すことができました。
やはり内科志望として、どの範囲でもしっかり日常診療はできるレベルになっていたい(いわゆる「うちじゃ内科」であってはならない)と痛感しました。とくに生活習慣病はしっかりカバーできていないと後々厳しいと思いました・・・

また大学病院で色々な科を渡り歩いて各分野の知識を得ていこうと思っています。

今後も内科として関わらせていただく機会があるかと思いますが、よろしくお願いいたします。


松井愼一郎

松井先生は violinistです。残念ながらその素晴らしい技術を聞くことができませんでした。それが一番心残りですw
血液内科でまた一段と経験を積んで立派な内科医になってください。by IKEDA

一覧に戻る