研修医メッセージ

Trainee Message

2017/11/01

Dr.Syunto Kawamura


研修医の川村俊人です。1ヶ月間大変お世話になりました。

地域研修ではクリニックでプライマリ・ケアについて学びたいと思い、地元稲毛にある小中台クリニックでの研修を希望致しました。

この1ヶ月は多くの症例を経験したことが自分の最大の経験になったと思います。今まで市中病院、大学病院で経験した決して多くはない症例では高血圧、糖尿病、脂質異常症、喘息、風邪、インフルエンザ、細菌性咽頭炎といった一般的な内科疾患の管理に関して全体像をつかむということがなかなか難しく、自分で本を読んでも自分で置かれている状況と異なる状況であることも多く、わかった気になっているということも多かった気がします。クリニックには多くの患者さんが疾患に関して様々なパターンで症状を訴えたり、様々な希望を伝えたりされますのでそれぞれ状況での対応を考えることで一つ一つの疾患の診療の理解が深まったのではないかと感じています。実際に池田先生の診察の前に診察をする機会も頂き大変勉強になりました。

また、内科外来において、漢方薬が有効な場面が多くあるということに気づきました。その他にも先生は多くの分野に渡って診療に当たられており、将来内科医になるためまだまだ勉強すべき分野が山程あることを痛感致しました。

短い時間の中で池田先生は患者さんの話をどんなときも親身に聞かれていて、先生とお話するのを楽しみにされている患者さんも沢山いらっしゃいました。スタッフの方々も非常に患者さんに優しく対応されており、患者さんにとって非常に雰囲気の良いクリニックだと思います。和気あいあいとした職場で私も1ヶ月間良くしていただいて大変感謝しております。

稲毛出身なこともあって先生とは多くの共通の知人がいて毎日楽しくお話させていただきました。今後ともよろしくお願い致します。

千葉大学医学部附属病院初期研修医

川村俊人

一覧に戻る